2012年6月18日 (月)

高齢者交通指導員研修会

高齢者交通指導員研修会が中野ZEROホールで行われました。昨年よりこのホールで都内全域の指導員の研修が行わています。

高齢者交通指導員の仕事は交通事故の中で高齢者の占める割合が3~4割と毎年増えてきていますので、高齢者の方たちに事故にあわないようにするためのキャンペーン活動を町の中で行っています。

夕方に事故が多発していますので自転車につける反射材を配ったり、靴につける反射材をくばらせてもらったり、パンフレットを配ったりと市内あちこちで月2回活動をしています。

また高齢者の多い団地に家庭訪問をして交通事故防止のお話をさせていただいています。背中に警視庁と書かれたブルーの上着と帽子をかぶっていますので見かけることがあるかもしれないですね

警察署の交通課のお巡りさんと一緒に活動をさせていただいているので心強いです。

P1050217

入口でピーポちゃんがお出迎え。

今日はゲストに里見光太郎さんが婦警さんと一緒に出演です。

P1050222

今日の講習のテーマは痴ほう症になられた方の自動車運転に関するお話でした。

高齢になり自分では痴呆と気づかずまた認めたくないのでまだまだ大丈夫と運転をしています。

家族の方が注意してもなかなか聞き入れてくれないのが現状のようです。たくさんの問題点がありますがいかに解決をしていったらいいのかの話しを聞きました。現実に回りを始めとして自分自身でもいずれぐ出てくる問題と思い勉強をしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

沖縄 伊江島のコーヒー豆

沖縄伊江島で栽培収穫したコーヒー豆を焙煎をしました。heart01

個人で今180本位のコーヒーの木を栽培をしている方が、今年は去年より少し収穫ができたということで、焙煎をしてほしいと、豆を持ってきました。

乾燥の時点でrain天候によってハビが生えたりと かなり失敗をされたようですが、持って来られたのはきれいにsun乾燥されていました。

P1030206

アマレロと玉那覇豆ですが、かなり小粒のモカに似た可愛い豆です。eye

アマレロとは黄色の実になるコーヒーです。普通の実は真赤になります。 玉那覇豆は玉那覇農園からの苗木だと思います。

どのくらいの焙煎度合にしたらおいしい味が出るのか、お試しをするほどの量がないので苦労しましたが、アマレロは中煎りより少し深に 玉那覇豆は微量でしたので中煎りで焙煎をしてみました。ご自分で焙煎をしたのとは比べ物にならないほど ふっくらとやけていると喜んでくれました。

P1030408

味はなかなかおいしい。すぐにでも皆さんに飲んでいただきたいくらいです。

沖縄で頑張っている方がおられますが、もう少し量が生産できると皆さんの手元にも届き面白いですね。温暖化しているので期待ができるかもしれないなどと、うれしいやら怖いやらの話をしました。annoy

来年はもう少したくさん収穫できますように。手元に届く期待を込めてwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

展示会

コーヒーや食材の新しい提案を求めて展示会場へ。subway

前回よりかなり多い人出でと熱気で上着を脱いでのスタートとなりました。

P11030267_2

まずは、今までにはなかっった出会いheart01 「春のアートカプチーノ」 cafe  です。

さっそく試しに作らせてもらいましたhappy01  なかなかうまくいきましたrock

P1030275

「白と黒のコーヒーゼリー」 右側の白のコーヒーゼリーの上に黒のコーヒーゼリをのせます。白いコーヒーゼリーはコーヒー豆で香り付けをしてあり、ほんのりとやわらかく香ります。コントラストがはっきりした面白い商品でしょうか。

P1030283

プロのシェフのパスタとステーキのセミナーをのぞきましたが、こんな不景気の時代また何を提供しても難しい時代、やはり皆さん真剣な中にも頭を抱えているような感じがしました。

P1030264

ビルの入口に飾られた満開の桜が、現実の厳しさから少し気持ちをやわらげてくれました。

P1030287

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

高齢者交通キャンペーン

signaler今年第一回目の「高齢者交通安全キャンペーン」を10時から行いました。

「昨日も都内で3件の死亡事故がありました。3件とも高齢者の事故です。何か考え事でもしているのか赤信号で出て行ってしまったり、真夜中車道を歩いていて事故にあったり」というお話がありました。

ブルーの制服を着て婦警さんたちと一緒に、高齢者の方々に交通安全のチラシとティシュ、反射シールをお渡ししながら気を付けてください、とお願いしました。

反射シールは自転車にはったり、靴のかかと方に貼り付けたりすると光に反射して光るので夜は車などか見やすくなるのです。P1030007

可愛い加藤清史郎君のが「ぼくとの約束。

信号を守ってね。 左右をよく見てね。 反射材をつけてね。」

とお願いしています。

car rvcar

終わるころにはすっかり体が冷えてしまいましたweep

あたたかいコーヒーが欲しいsign03 家に戻りさっそく温かいコーヒーをたてて体を温めました。おいし~いlovely

P10300222jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

豊かな食文化 展示

豊かな食文化を創造する、商品力と情報力。[WHO`S FOODS] の商品展示商談会が行われました。

P1010695

新しい食材や目新しい商品を参考に、販促の方法やら 新メニュー開発を考えられるように端から見学、試食していきました。breadcake

毎年日増しに沢山の商品が開発されていくので、一つでも取り入れられる物があれば最高に嬉しいです。

P1010699

今回はパン類、スパゲティー類、機械器具を重点的に見て回りました。是非使いたい器具がありましたsign03これから考えまとめていかなくてはなりません。こらがなかなか難しいthinkP1010707

cafeコーヒーを飲みながら一休みして商談。サンプルが来るのを待ってみんなで開発が始まります。

P1010709 いい収穫がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

出張コーヒー教室{5}

アリガトうれしいアンケートが沢山届きましたsign03

講演を企画した役員の方が最後にアンケートをとっていたのですね。そのコメントの結果を送ってきてくれました。

cherry全員コーヒーが入れる事が出来てとても良かった。cherryコーヒーの奥の深さにまた興味がわいてきた。cherry裏舞台を少しでも知っていると、また違った味わいが出来そう。cherry実用的で良かった。コーヒーの香りの中で癒された。

全員が楽しかったに印が付いていたそうです。最高に嬉しいですね。annoy

次回のコーヒー教室の役に立つよう参考にさせて頂きたいと思います。ありがとうございました。confident

Poemu Cup61 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

出張コーヒー教室{4}

次はちょっと難しい焙煎の話しですが、わかりやすいようにまずは「生豆」を見てもらいます。皆さんなかなか手にとって見ることが少ないようで、珍しそうにさわっていました。happy01

P1010439

P1010440

この生豆を焙煎するといつものあの黒い豆になるのです。焙煎した豆は食べても香ばしくて美味しいですよ。

浅煎りの豆と、深煎りの豆の味の違いを食べて感じているようでした。「ブルーマウンテンは美味しいsign01」やっぱり分かるのですね。

Coffee4 American_thumb

Kohinokaori_thumb_1 

Md_thumb

「初めから黒いのかと思ったぁー」とか「一年前のコーヒーは飲めますか?」という質問が出てきました。

また、コーヒーたての時も「家で入れるとどうして膨らまないのでしょうか?」  色々な疑問質問が飛び出してきま~すsign03

全員の人がコーヒーを入れられたようなので、「最後に自分でたてたコーヒーとお店で持参したケーキ」で和やかに締めくくりました。

P1010407

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

出張コーヒー教室{3}

コーヒーの歴史は、エチオピアの羊飼いの少年の話と、イエメンの僧オマールが山の中で鳥がついばむ赤い木の実を口にしたら全身に活力が湧いてきた。と言う、「秘薬」として広まりました。

Naehana2mss

Coffee1 日本入ってきたのは、足利時代にポルトガルの宣教師が持ってきたと言う説、徳川家光時代の通訳はコーヒーを知っていたようです。

コーヒーが人々の間で知られるようになったのは、明治に入ってからのようで、最初の頃はハイカラ好みの人の飲み物で、一般の方が飲むようになったのは、明治の終わりから大正にかけてで、コーヒー店も次第に出来てきたようです。

Berry1 Coffnomi

コーヒーの枝に列をして真っ白い小さな花が付きますが、一日花で順々に散ってしまいます。とても繊細なきれいな花です。

実は真っ赤でこれまたかわいくてきれいですよ。お店でも種から育てて今貴重なwink赤い実が付いています。

生産地は「コーヒーベルト」と言われている、赤道を挟んで北緯25度から南緯25度以内の熱帯、亜熱帯地方の高温多湿の気候の地域だけで栽培されます。日本ではぎりぎり沖縄で栽培できるようです。

南米のブラジル、コロンビア、。北米のメキシコ、ガテマラ、。アフリカのタンザニア、、エチオピア。アジアのベトナム、インドネシアスマトラなどが多く生産輸入されている産地です。

P1010438 文章で書くと長くなってしまいましたが、話は2,3分でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

出張コーヒー教室{2}

コーヒーを入れる前に器具の説明です。

ペーパードリップ・ネルドリップ・サイフォン・パーコレータ・コーヒーメーカーなどがあります。それぞれの器具の違いによりまた、味の違いも出てきます。

Photo Photo_2

Nel_02_3 Doguu_2   scissors今回は一番手軽で始末がしやすく、味も忠実に出るペーパードリップで行うことにしました。

必要な道具はポット・ドリッパー・ペーパー・サーバー の4点です。あっ!それにコーヒーの5点でした。coldsweats01

まずは、ペーパーを互い違いに縫い目に添って折ります。ドリッパーにきちんと納まることと、お湯が入ったときペーパーが破れずコーヒーの粉がこぼれないようにするためです。

コーヒーの量は一人10g~15gで150ccです。二人になると20g位になります。お湯の温度は85度~90度くらいがいいですね。熱湯は避けましょう。きつい味が出てしまいますよ。

Ws0000066

1回目のお湯はコーヒーの粉の全体に行き渡り、下のサーバーにお湯が落ちないくらいの量で注ぎ、ます。この時、新鮮でないと膨張をしませんね。

Dripp_2

もくもくと中からわき出てくるように膨張をしてきます。膨張が頂点に達しふと切れるときに(じっと見ていて下さいね) 2投目のお湯を注いでいきます。

中心からのの字を書くように、お湯をコーヒーの粉に乗せるようか感じで注いでいきます。この中からの盛り上がりが気持ちがいいですね。いくらでも注いでいたい気持ちになってしまいまいますが、おっとと””150CCのなってしまいました。

注意点は、外側ばかりにお湯を注ぐと、フィルターの壁に伝わりコーヒーの抽出をしないままカップに落ちてしまいますので、味の薄いコーヒーが出来上がってしまいます。

大騒ぎをしながら、真剣に一人一人のコーヒー入れが進んでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

出張コーヒー教室{1}

今回のコーヒー教室の生徒さんは幼稚園のお母さん方です。朝からコーヒー教室の道具一式を車に積んで、講師二人で出かけました。

お子さんをお教室に預け、お母さんはコーヒー教室へ集まります。お母さんも忙しいですね。

まずはコーヒー道具の準備と店開きです。

P1010385_3 今回は人数が40人と多いので、半分に分かれて行うことにしました。一組は美味しい珈琲の入れ方の実技、もう一組はコーヒーの歴史、産地、焙煎についての説明をして、時間で交代をすることにしました。

次はコーヒーP1010401_3の美味しい入れ方を

| | コメント (0) | トラックバック (0)