« 押し花絵展 | トップページ | えっ!梅雨明け? »

2013年7月 2日 (火)

半夏生

P1050729_4


半夏生が咲くころは

カタシログサという草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになるころです

梅雨の末期で、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>)という毒草が生える多湿で不順な頃とされています。

烏柄杓(カラスビシャク)は毒草ですが、生薬としても用いられています。

七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。毎年7月2日頃にあたる。

この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)といい、大雨になることが多い。地域によっては、「半夏水」(はんげみず)ともいう。

農家の人達はこの日までに田植えを済ませ、どんな気候不順な年でもこの後は田植えをしないという習慣がありました。
地方によっては、ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがあり、この時期に農作業をしないようにという戒めになっているようです。

地域によっては、タコを食べる習慣があるそうです。

P1050727

今年はとっても綺麗に咲きましたhappy01

しかし、こんなにいろいろな言い伝えがあるとは知りませんでした。驚きですsign03

|

« 押し花絵展 | トップページ | えっ!梅雨明け? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116486/57709998

この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生:

« 押し花絵展 | トップページ | えっ!梅雨明け? »