« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

押し花絵展

P1050725_4

これは何の花sign02 探し当てるのも楽しいですhappy01

P1050723_7

花の水分によって色の仕上がりが違うそうです。

P1050722_7

押し花絵展(金子喜巳子さん)

永田珈琲に展示中です。優しくてきれいな絵です。

P1050719_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

一年に一回の講習会

年に一回の警察の高齢者交通指導員の研修会が中野zeroホールでsubway行われました。

P1050707
いつものようにピーポ君がお出迎えです。heart04

都内の各警察から集まるので会場はいつもながらごった返しています。
待ち時間では婦警さんとおばあちゃんのコント。
P1050708
月2回街にでて齢者の方に交通事故にあわないようお声掛けをし、反射材を配っています。また高齢者が多い団地などに家庭訪問をしています。

ちなみに指導員もほとんどが高齢者です。happy01

今日の講習はその時のお声掛けの方法や話し方、言葉づかいなど具体的に参考になる内容のお話でした。confident
P1050714

アトラクションは警視庁音楽隊とガールズの華やかな舞台note

P1050715
家庭訪問のときに使うように反射材の手提げとピーポ君のついたペンケースを頂き講習会は終わりました。

駅まで長蛇の列┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

ソーセイジ作り



P1050699_2


パセリ入りの立派なソーセイジが出来上がりました。ちなみに皮は羊です。heart04

フランクフルトは豚の腸で作るのだそうです。

知らないで食べていますが人工の皮も多いそうです。




P1050701_2


手がヌルヌルして先がなかなかうまく結べませんcoldsweats01sign01

味はなかなか   happy01柔らかく出来あがりました。

脂身の多いひき肉でしたが以外とさっぱりしていました。wink

1時間の奮闘でした。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

ナチュラルガーデン

P1050655jpg2_2

自分だけの好きなアロマの香を配合して作り上げてくれます。heart04

P1050662jpg2
エメラルド色の池。sign01

P1050666
4階からの景色・ 幸せの鐘も鳴らしましたnote

P1050681

テラスではハーブのお飲物やジェェラードで一休みconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナチュラル・ガーデン

P1050652jpg2


アルプスから湧き出た天然水・くせのない水でしたhappy01

安曇野は地下水埋蔵量が日本一多いそうですw(゚o゚)w

P1050654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

ナチュラルヒーリングガーデン

大町市の「ラ・タスタナチュラルヒーリングガーデン」を見学

アルペンローゼ㈱の「ラ・カスタ」の化粧品会の製造工場の敷地内に併設された素晴らしいガーデンです。

P1050639
ここから中へ入ります

P1050644_4

緑の中へ小道が続いています

P1050649_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

今晩のお宿

P1050611_5

P1050613

今晩のお宿は新緑の林の中の和みの里
心地よい空気をすって一休み・

P1050633_2


P1050631

お料理も素晴らしいhappy01・美味しかったです。

しかし、お食事中に今日の感想やらなにやらを順番に話さなくてはいけないのがどうも・・・weep

話しているときは食べられないし 冷めてしまう…weep  残念shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

安曇野音楽祭

昨年に引き続き行ってきました。「安曇野音楽祭」

「早春譜」のふるさとであり「鐘の鳴る丘少年院」がある安曇野で小学生から大人まで少年たちと一年に一回音楽祭を開きます。

P1050608

会場内は撮影禁止です。

この子たちはいったい何をしたのだろうか?そこに並んでいる子たちはみんな普通のいい少年たちに見えるのですが・・・・

しかし、少年院に送られるということは残念ながらそれなりの大きな事件を起こしているのです。ほとんどが家庭に問題がある子どもたちだそうです。

もう数か月で家庭に戻った時に大丈夫だろうか。また同じ事になりはしないだろうか・そんな心配をしてしまいます。

夜のミーティングの時もみんな同じようなことを思い、我々がどこまでお手伝いできるのだろうか?いつも悩んでしまう問題です。

P1050605

皆が帰った後会場の椅子の片づけを一緒にお手伝いをし、また帰る時声をかけ車に手を振ってこれからの人生の応援を精一杯しました。心痛む複雑な思いで・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »