« 春を待つ筒茶碗のお点前 | トップページ | ショックな光景 »

2012年3月 9日 (金)

弥生御献立 お品がき

弥生 御献立

ずらりと並んで書かれたお品がき・

先付けに始まり甘味まで中に入っている食材がすべて書いてあります。

綺麗で食材の豊富さに感心するやらここまで細かいと感心するやら。。。。。

照らし合わせながらゆっくりと味わって頂いてみることにしました。

和食は季節の取り入れがうれしいですね。今回も春らしい桜のイメージがする薄ピンクと黄色若草色の緑の取り合わせが季節感をたっぷり出していました。

天豆・木の芽・タラの芽・ウルイなどの山菜・早堀筍。フォアグラ・サーモン・蟹。真鯛。鮪・勘八・などなどが作品になっていて箸をつけて壊してしまうのがもったいない気がします。

西洋料理のメニューはこんなに細かく書かれていることはないのに、日本は文化なのでしょうか。いつ頃からこのように書かれるようになったのでしょうか。(調べてみなくては)

P1050057

さすがに食事の写真は写せませんでしたので お見せできないのが残念です。

話題も豊富に2時間強の宴席を味あわせていただきました。

今年は寒くて花が咲くのが遅いようですが満開の梅を見つけました。

Baigou24

|

« 春を待つ筒茶碗のお点前 | トップページ | ショックな光景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116486/54178318

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生御献立 お品がき:

« 春を待つ筒茶碗のお点前 | トップページ | ショックな光景 »