« 表具展 | トップページ | フェルメールからのラブレター展 »

2012年1月28日 (土)

元禄花見踊り

cute三味線を教えてくれていた母が亡くなって早くも2年目になってしまいました。亡くなる前の何年かは練習もできなくなり あれから三味線を弾くこともしなくなってしまいました。

だんだんと弾けなくなりそうで心配になり、どこかで教えてくれる所をなんとなく考えていた時いつもの呉服屋さんからきた手紙の端に「三味線教室始めます。見学に来ませんか」

どんなものかのぞいてみようeye 近いことに隣のお店なのでhappy01

私に最大の希望は曜日や時間が自由になることが条件なのです。私が空いた時間に教えていただけるという、勝手な希望なのですclock

母のときは「時間が出来たのでこれから行くのでよろしく」のtelephone電話一本で出かけ教えてもらっていました。夜遅くても喜んで教えてくれて本当に感謝でした。(._.)アリガト

なんとありがたいことに今度の先生も私の条件がgood可能でした。それではと昨年の暮れから再開をしました。

しかし困ったことになっています。今までは「民謡」だったのですが今度は「長唄」の先生なのです。民謡は何となく聞いて歌えるのですが長唄はまるっきりわかりません。weep

日本舞踊でも習っていればわかるのでしょうが。どうにも困っています。think

「元禄花見おどり」の楽譜を頂き 「えっ、こんな長いのですか」と思わず聞いてしまいました。「だから長唄なのよ}と先生が・・・・

そんなこんなで只今練習中です。とりあえずガンバロウwink

|

« 表具展 | トップページ | フェルメールからのラブレター展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116486/53845107

この記事へのトラックバック一覧です: 元禄花見踊り:

« 表具展 | トップページ | フェルメールからのラブレター展 »