« 久しぶりの食事会 | トップページ | 笠間神社と笠間焼の絵付け »

2010年7月 1日 (木)

宇都宮カクテル 研修

「餃子の町」として有名な宇都宮が「農産物を使ったカクテル」の開発と販売をし、農商工等連携事業計画第一号認定を受けたということで、商工会女性部として研修に出かけました。bus

酒類小売免許の大幅緩和などにより過当競争の激化により、売上利益の低下、取引先の廃業、大手商社の参入の時代になり、今までの卸売業態からの脱皮をしなければ生き残れないということで開発がはじまりました。up

宇都宮はバーテンダーが一番多い町だそうです。栃木県産の農産物を使ったカクテルをバーテンダーさんの力をかり苦労の末、wine「高級瓶詰めカクテル」として売り出すまでになりました。

P1030655 

そのまま飲めるカクテルになっていて 1瓶で2杯分 、500円~600円で販売されています。

大谷梅ファジーネーブル・cherry栃乙女ダイキリ・杉並木ビックアップル・apple芳醇梨キムレット・柚子の香ショコラと5種類。

何種類か試飲をしているうちに顔が温かくなあってきてしまいましたhappy01

地場産業の町おこしの参考となるようにしたいと思いますが、なかなか難しい問題も残ります。カクテルは なにかなつかしい飲物ですね。heart01

|

« 久しぶりの食事会 | トップページ | 笠間神社と笠間焼の絵付け »

コメント

こういう”研修会”なら、いつでも歓迎ですね^^!

木の葉っぱをお金に変える、ということで町興しを成功させたところもあるようです。
アイデア一つですね。

投稿: Ed | 2010年7月 2日 (金) 16時03分

そういえば葉っぱがすごい収入なっていた村がありましたね。
みんな色々考えて商品化しているのですが今一元気が出ないで困っています。
いいアイデアありませんか

投稿: とみちゃんCafe | 2010年7月 8日 (木) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116486/48767822

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮カクテル 研修:

« 久しぶりの食事会 | トップページ | 笠間神社と笠間焼の絵付け »