« コーヒーの木がこんなに大きくなりました | トップページ | 秋は行事が多い事” »

2007年10月12日 (金)

木曽路の旅

心配していたお天気も大丈夫そうで、バスに乗り込みました。いよいよ一泊の木曽路の旅に出発です。一日目の工程はまず、飯田の水引工芸館の見学・水引で作った大きな菊人形が迎えてくれました。すばらしいクジャク、五月人形、宝船まどなど見事でした。

271

次は天竜船下り。弁天港から時又港への35分の川下りです。雨の後なので水量も多い方だそうで、急流になると前の人は結構水をかぶっていました。空には鳶が円を描いて飛び回わり、川の中頃にはサギがかっこよく立っていたり、回りの景色を見ながらの船旅でした。

278_2 280

本日のお宿は昼神温泉ホテル阿智川・お風呂も大きくて露天風呂など沢山あり、お料理も美味しくて最高でした。とてもゆってりしたお部屋で嬉しかったですね。

二日目は妻後宿の散策・最高のお天気の中情緒あふれる宿場町を散策しました。すれ違った郵便屋さんも当時の格好で配達していました。郵便局を覗いたら今もそのままの姿で営業しているのでどっきり驚いてしまいました。昔の景色の中にタイムスリップして気持ちも時間もゆったりと流れる感じでした。

283

次はこの宿場で一泊してゆっくりと見て回りたいと思いましたが、いつのことになるやら・・・

木曽福島で手打ち信州そばのお楽しみ・手打ちとはいえ待たせること何十分!!みんな待てず薬味に出ていたネギをつまみにビールを飲んでいましたが、長がったですね。しかしおいし~い腰のあるおそばでしたので食べた後は何となく満足してしまいました。266

帰りは山梨でぶどう狩りをしてから帰路につきました。

|

« コーヒーの木がこんなに大きくなりました | トップページ | 秋は行事が多い事” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116486/16738840

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽路の旅:

« コーヒーの木がこんなに大きくなりました | トップページ | 秋は行事が多い事” »